So-net無料ブログ作成
検索選択

心の悲痛な叫びが・・・・ [心の病]

0.jpg





春よ来い早く来いなどと口ずさむ私ですが、確実に季節の循環が当たり前に起っています。

ひな祭りも過ぎて桃の花見が盛んの様ですが、美しい花とは裏腹の痛ましい事件を知るにつけ

何とも苦しくもまた悲しい思いに悩まされてしまいます。

愛する娘さんの命を奪われてしまった親御さんの悲痛さは計りようもなくただご冥福を祈らざ

るを得ません。

現今の人間の心の有り様を推し量る具体的な方便を持ち合わせていないところでは何を標準と

するのかさえはっきりとしていないのが現状だと思います。

今年もまた自殺者の数が13年連続で3万人を超えたと云うニュースが伝えられています。

心の病に侵されされている人が年々増えている事が心療内科を受診する患者の数が増えている

事でも伺い知れますが、潜在的に何れ程の数になるかは把握出来ないのが現実なのでしょう。

『鬱病』という病名を診断されて薬を処方されて治療に専念している患者さんがなかなか改善

されないもどかしさは、イライラを増して更に多種類の薬を服用する羽目に陥り薬漬けを余儀

なくさせられて逆に悪くなってしまう事もあるようです。

「従来型鬱病』といわれる鬱病は年配者が多く、『新型鬱病は』20代から30代に多く見ら

れるそうですが患者の症状をどこまで確りと把握して薬が処方されているかはとても疑問です。

人間の幸・不幸というのは体重計血圧計で量れるようなものではなく「あなたの悩みはあの

人より程度が低いからたいしたことではない』などということはいえないのですから、厄介な

病なのですね、心の病は潜行してしまうことが多くの難しさを抱えてしまう要因ですが、人と

の良いつながりによって一人で悩むことのないように支えて上げられることが出来ればと思い

願ってしまいます。








nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 30

コメント 1

ぶりき

ご訪問&NICEありがとうございます。
最近悲しい事件が多いですよね。
by ぶりき (2011-03-10 13:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。