So-net無料ブログ作成

千の風が吹いている [生と死]

0.jpg





自分に与えられた宿命は何なのだろうかとよく思うのですが、思えば思う程良くわかりません。

もしかして自分の中に現世から逃げ出したいと思っている事があるのでしょうか、夢の中で幻惑

されているような、不思議な光景と言うのでしょうか良くわからない次元を彷徨っている様な感

じを抱いている自分がそこに居るのです。

自分と言う個体の中に宿る命その魂は何処から遣って来たのだろう等と考え倦ねている自分が夢

の中で葛藤している様子はとても可笑しいと思いつつも頭の中では迷走しています。

今はこの世に別れを告げてしまった人達が夢の中に良く登場するのですが、これはどの様な現象

なのでしょうね、もしかしたら私を呼びに来ているのかも知れませんがまだ夢の中だけのお付き

合いにさせて頂きたいと思います。

個体から抜け出た魂は千の風になって時には爽やかに、そして時には荒々しく吹いて行くのでし

ょうか・・・・また何処の個体に宿る日がやって来るまで・・・・。





タグ: 迷走

心の叫びが・・・・ [社会]

0.jpg





あなたは自分の心の叫びを聴いた事がありますか?

世の荒波に苛まれてだんだんと心の柱が細くなってしまい、さまざまな困難を支えられなくなって

しまう事も起きているでしょう。

気高い精神を持ってしてもその領域に入り込んでくるウイルスが必ずあるもので、絶対に取り込ま

ない様に自分を守って上げないと世の荒波は容赦なく心の柱を削り取って行きますから用心が肝要

だと思います。

苛酷な世を渡る術は人それぞれ持っているのでしょうが、中には社会から全てを否定されてしまっ

たと錯覚をして自暴自虐となって大事件を起こしてしまう困った人達が現に居ると言う事は肝に銘

じていなければなりません。

潜在的な要素を多分に有している今の世の中ですから、『隣りは何する人ぞ』が当たり前の社会に

於いて他人事と思っていられないと思います。

自分が被害者にならない様に願うのは人情ですが『まさか』にならない様に祈ってしまいます。

何処かで今も悲痛な心の叫びが言葉にならない嘆きが発せられているのだと思います。

人の心が、お金に執着し過ぎてギスギスした心から、愛を慈しむ優しい心根に移ろう事が出来る様

な良い土壌の社会に変えて行く事なのだと思います。



多くなっている孤独死 [無縁社会]

0.jpg





先の事は誰にも解らない。

一年一年歳を重ねて気が付いてみたら孤独になっていて人生のピリオドが迫って来ていたなど

とは考えてもいなかったのにそれがどうでしょう。

誰にも看取られずに亡くなって行き、時にはひと月以上も発見されずに孤独死となってしまっ

た哀しく遣る瀬ない社会現象が現実となっています。

孤独死は十年前と比べて三倍に増えていると言う事ですが、特に高齢者の方が多く身寄りも無

いに等しくなっている様で訪ねる人も居なくなってしまったのでしょうか。

それぞれの家庭においてもいろいろな事情を抱えていて思いもままならずに自分たちの生活に

日々追われていると言うのが現状なのだと思います。

今の世の中、長寿は素直に喜ぶ事が出来ないと言う現実を見るに付け何とも遣り切れない思い

に揺さぶられてしまいます。

無縁社会の現実が色濃くなりつつある現実に出会う時、これらをどう克服して人とのコミュニ

ケーションを依り良いものにして行きたいと願う思いです。

無縁仏に合掌・・・・。



正社員のリストラが・・・・ [社会]

0.jpg





仕事第一主義で家庭の事は二の次にして迄も会社に貢献して来たと言う思いで頑張って来た頑張

り屋の正社員でさえが、ある時急に明日から会社に来なくて良いからと言われて社員証もIDも取

り上げられてしまい打ちのめされて茫然自失となってしまったと言う話を聞きました。

リストラが当たり前のこの世の中に於いて自己防衛する手だてはないのでしょうか、何とも遣り

切れない話だと思います。

大掛かりなリストラをした企業の株価は下がるのではなく逆に良い評価を受けて上昇します。

何だか変だと思いませんか、しかしそれが今の社会構造なのですね。

企業業績を改善し良くする為ならば容赦のないリストラを実行して憚りません。

リストラを担当する幹部の方がそれをきっちりやらないと今度は自分がリストラされてしまうと

嘆いている話を同時に聞きました。

リストラされた事を家族にも話せず出社する会社もないのに毎日出社する振りをして公園等で時

間を潰していると言う話を耳にするにつけ哀しい思いに追いやられてしまいます。

政治家は時代の変革を良く鑑み機能を失った、或いは失いかけている制度を速やかに変えて行か

なければならないと思います。

人の揚げ足を取るしか能のない器の小さな政治家には退場願って、新しい社会の仕組みを構築し

て行ける土壌改良を国民は勇気を持ってして行かなけならないのだと思います。



夫婦の思い遣り [健康]

0.jpg





或るご夫婦が諍いを起こしてしまいました。

その原因はと言うと最近そぞろ忘れる頻度が多くなっているとご主人が奥様の健康を心配して

独断で認知症の検査を受けて貰うべく予約をしてしまったそうです。

その事を告げると奥様は非常に腹を立てて諍いへと発展してしまった様です。

自分の事を認知症扱いしていたと思い込んでしまった様でそれがご主人への怒りとなってしま

ったと言う事なのです。

虫の居所が悪かったのでしょうね、長年連れ添った夫婦と言えども相手の気持を素直に理解出

来ない時もあると思います。

憤懣遣る方ない奥様は私に受けさせるのなら、あなたも受けなさいと言う事になり結局お二人

で受診したと言う結果に落ち着いたそうです。

若年認知症の患者さんも増える傾向にある様ですが適切なタイミングで診察を受ける事もなか

なか難しい感じがしてしまいます。

まだまだこの科目に於いて充分な医療体制とは言えないのが現状の様なのでいろいろと問題も

多いようです。

私の経験からも重度の認知症の家族介護はとても大変なのです。先が見えない状態での中で頑

張るしかない訳でそのストレスたるや並ではありません。

それは全てに於いて自分を滅する覚悟を伴うからです。



足るを知る事が・・・・ [自分]

0.jpg





足るを知る事こそが無駄を省き一所に偏らず、多くの人々に利が供給出来るのだと思うのですが

人の世はそうはいかないのが現実と言うものでしょうか。

皆で仲良くなどと言うのは口先のお上手である事を実感してしまうのは哀しい事ですが仕方のない

事なのかもしれません。

和気あいあいを求めて人は集いますがその内に自然に表と裏が出来て行ってしまうのは何故なので

しょうか、最初は正円だった関係が時を重ねる毎に歪んで行くのは致し方のない事として傍観する

姿勢でいないと歪みを生じさせている渦の中に巻き込まれてしまう事になるでしょう。

長い物には撒かれろ等と言いますが人はそれぞれですから一様には語る事は出来ませんね、その時

々の事情によって自分自身の為に判断しているのだと思います。

根も葉もないに等しい悪質な情報を流されて窮地に追い込まれてしまった人達の気持を考えると何

だかとても寂しく悲しい気持ちになってしまいます。






成果主義の社会で [自分]

0.jpg





刻々と時は過ぎて行き自分の歩んで来た軌跡がその生き様を残していきます。

時の流れはひと時たりとも止まる事なく通り過ぎて行くだけですから気が付いてみれば今日も

一日が終わってしまったと言う事になったりします。

寝る時間も惜しんで仕事に精を出して自分を滅して迄も組織の為に貢献している人達が沢山い

る事だろうと思います。

成果主義の此の社会で生き残る術は唯我武者らに働いて報いを得るしかないのでしょう。

一生懸命に人脈を構築して自分が良い立場で居られる様励んで行く事がとても大事な事の様で

すが、現実は信頼していた人に裏切られたり、自分では思いもよらない貌で足元をすくわれた

りする事も多い様です。

自分の心が歪にならない様に何時も心掛けていたいものだと願うと共に反省したりしています。



タグ:人脈 信念 軌跡

適切な判断をするために。 [ストレス]

0.jpg





新たな一歩を踏み出すと言う事はいろいな面に於いて大変な事だと思います。

今迄の役立たなくなったさまざまな事柄を精査して行かなければならないと同時に新たな事を

発進して行かなければければならないのですから、それには必要な時間が自ずと必要な訳で短

編急には行かない事は誰にでも解ります。

しかし今の世は日本の社会に於いて結果を急ぎ過ぎる傾向にある様に感じてしまうのですがこ

れも時代の為せる仕方のない現象なのでしょうか。

『急がば回れ』と言う諺が日本にはありますがいろいろな関わりの中で感じてしまう事はとて

も大事な心構えを忘れている気がしてなりません。

山に登るにも万全の準備をして同行者達とのコミュニケーションを充分に図り時には自然から

の挑戦を受け止めながら目的の頂上を目指すのです。

短編急な欲求は自ずと命取りに成り兼ねませんから気を長くもって心を丸くして少しのトラブ

ルにも腹を立てずに一歩一歩歩んで行く訳です。

現代社会に蠢く人達は必ずやストレスに見舞われて心にこびり付いた埃に依ってさまざまな判

断が霞んでしまっているのではないでしょうか。

たまにはこびり付いた埃を洗い落とす為にゆっくりと自然の中に身を置いて心のケアーをして

行く事が大事なのだと思います。





対立と批判の構造 [マスコミ]

0.jpg





人はそれぞれに異なった個性を有し又独特な癖を持っています。

いろいろな状況の中で自分らしさを発揮すべく自分でも知らない内に自己アッピールを何気なく

していると思いますが、それらに於いて良く解釈れる場合もあれば悪く解釈れる場合もあります。

なかなか難しいもので自分に取って不本意な状況に曝されてしまったりして愕然とする様な事な

どもあるでしょう。

今の世の中マスコミ報道に象徴される様に人の長所を褒めるより、逆に人の短所を責め立てる様

な風潮を感じます。

マスコミ報道は常に公平なスタンスであって欲しいものですが平たく言うとイジメの色合いが可

成り濃く出過ぎていると思います。

テレビ等に於いても偏った報道に終始しないで欲しいと思うと共に知ったかぶりのコメントをす

るゲストの輩が多い様に感じてしまうのは私だけでしょうか。

明るい日本社会にして行く為にも、イジメや心の病に悩んでいる人や自殺者をなくす事が出来る

愛ある社会にする為にもマスコミは質の良い情報を報道して頂きたいと願う者です。







試練に曝されて [季節]

0.jpg





現代社会に暮らしている人達の心の有り様が少しずつ変化して、他者を優しく気遣う事が

薄れて来ているように私は感じています。

日常生活に於いて機械化によって増々便利になる半面、人との関わりが薄れてしまうので

しょうね。

人との関わりに失敗した者が自分の周りにバリケードを築いてしまい心を閉ざしてしまう

のは何故でしょうか。

自分を守る為に孤独の椅子にしがみつき、そして自分だけの世界に閉じこもってしまわな

ければならない境地を自ら作ってしまうのですね。

人はそれぞれの生き方があり又多様な考え方がありますが、幾つもの試練を乗り越えて悩

みを解消し頑張るしかないのだと思います。

自分を甘やかし過ぎては己の為にならない事を良く知っている筈ですから、自分自身のフ

ァンダメンタルを確りと定める事なのでしょう。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。