So-net無料ブログ作成
検索選択

東北関東大震災によせて・・・・ [災害]

0.jpg



東北関東大震災から二週間が経ちました。

車窓から見る景色のように、今見た景色はすぐ遠ざかって行ってしまいます。

時の流れは否応無しに未来へと走って行きます。

想像を遥かに超えた壮絶な現状に被災者の方達が茫然自失となってしまった今回の東北関東大震災

は私達人間が愛しく大事に育んで来たきた大事な命を奪うと共に全ての物をさらって行ってしまい

ました。

天変地変は多くの試練を人間に残して行ったのですね、しかし何れ程の多くの試練にも立ち向かい

再興を遂げて来た日本人の心意気は未だ健在ですから、これからの困難苦難を幾重にも乗り越えて

復興に向けてそれぞれ知恵を出し合って多いに励み国民の一層の心意気で未来を構築するでしょう

海外からも多くの支援が寄せられている様ですね、いろいろな国から差し延べられる温かい想いに

感謝してこれからの復興の為に役立てて行かなければなりません。

被災している方達の日々の生活がどれほど大変な事か、自分がもしその立場だったらと思いを巡ら

して、日々の生活を見直しながら慎ましく足るを知るという思いを己に投げかけながら過ごす昨今

です。

テレビなどで買いだめをする人達のニュースを見ていると、やはり我欲に走る人達が多くいる姿が

浮き彫りとなって見え隠れして来ますが、現実の社会を象徴している一様なのかも知れません。

自然は沢山の恩恵を人間に与えてくれますが、苛酷な試練も同時に我々人間に齎します。

誇り高い人間が創り出した科学技術の結集である原子力発電所が大変な事になっていますが、時の

経過とともに、これからの判断の是非は計り知れない事態をも招く事になり兼ねません。

人災の多くが判断ミスから生じている事を、重い責任を課せられている政府がこれらの事を更に肝

に銘じて取り行って欲しいと強く感じます。

多くの命が失われました。
行方不明の方達もまだ沢山います。
東北関東大震災で亡くなられた多くの犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
合掌。






nice!(28)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

心の悲痛な叫びが・・・・ [心の病]

0.jpg





春よ来い早く来いなどと口ずさむ私ですが、確実に季節の循環が当たり前に起っています。

ひな祭りも過ぎて桃の花見が盛んの様ですが、美しい花とは裏腹の痛ましい事件を知るにつけ

何とも苦しくもまた悲しい思いに悩まされてしまいます。

愛する娘さんの命を奪われてしまった親御さんの悲痛さは計りようもなくただご冥福を祈らざ

るを得ません。

現今の人間の心の有り様を推し量る具体的な方便を持ち合わせていないところでは何を標準と

するのかさえはっきりとしていないのが現状だと思います。

今年もまた自殺者の数が13年連続で3万人を超えたと云うニュースが伝えられています。

心の病に侵されされている人が年々増えている事が心療内科を受診する患者の数が増えている

事でも伺い知れますが、潜在的に何れ程の数になるかは把握出来ないのが現実なのでしょう。

『鬱病』という病名を診断されて薬を処方されて治療に専念している患者さんがなかなか改善

されないもどかしさは、イライラを増して更に多種類の薬を服用する羽目に陥り薬漬けを余儀

なくさせられて逆に悪くなってしまう事もあるようです。

「従来型鬱病』といわれる鬱病は年配者が多く、『新型鬱病は』20代から30代に多く見ら

れるそうですが患者の症状をどこまで確りと把握して薬が処方されているかはとても疑問です。

人間の幸・不幸というのは体重計血圧計で量れるようなものではなく「あなたの悩みはあの

人より程度が低いからたいしたことではない』などということはいえないのですから、厄介な

病なのですね、心の病は潜行してしまうことが多くの難しさを抱えてしまう要因ですが、人と

の良いつながりによって一人で悩むことのないように支えて上げられることが出来ればと思い

願ってしまいます。








nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。