So-net無料ブログ作成

バスの中で [妊婦]








     今日、バスの中で出会った光景です。

     若い妊婦さんを目にして思い出した詩があるのです。

     わたしの好きな詩人、吉野 弘さんの詩です。

     今は秋ですが、『早春のバスの中で』というタイトルです。



         まもなく母になりそうな若いひとが膝の上で
 
         白い小さな毛糸の靴下を編んでいる

         まるで彼女自身の繭の一部でも作っているように。

         彼女にまだ残っている少し甘やかな「娘」を
 
         思い切りよくきっぱりと繭の内部に封じこめなければ 
 
         急いで自分を「母」へと完成させることができない
 
         とでもいうように 無心に。







            









タグ:社会 母子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。